自分が持っているお金以上の取り引きが出来るぞ!

信用取引を利用すればとても儲かります

証券会社に信用取引口座を設けると、自分が預けている資金の3倍位の取引ができるようになります。 また、信用取引の方が、現物取引よりも手数料が安い証券会社も多いので、1日に何回も取引をして、利ザヤを稼ぐ事も可能になっています。また、現物取引では、空売りはできないのですが、信用取引では、空売りができるようになり、下げ相場でも、大きな利益を得る事も可能になっています。 買いの場合は、安い株価で買って、その株が高くなれば、その高値で売って利益を得る事ができますが、空売りの場合には、その反対で、株価が高いところで売って、その株価が安くなった時に買い戻して、利益を得る事になります。株は上がるよりも、下がる方が勢いが良いので、下げ相場の空売りはとても儲かる技術になります。

信用取引で失敗しない為の技術について説明します

信用取引では、失敗をすると自分の資金を失うばかりではなく、へたをすると、借金ができてしまう事もあります。そうならない為には、空売りや買いの注文をだした後直ぐに、逆指値でストップの注文を入れておく事です。ストップは、損切り値やロスカット値とも言い、自分の資産を守る為にとても重要なものです。 しかし、ストップの価格が、現実に空売りや買いの注文を入れた価格にあまりにも近いと、ストップが容易に執行されて、株取引で負けてしまいます。そうならない為には、ストップは、少し現実の価格から離して置くようにすれば良いでしょう。 また、信用取引をする上で、信用枠一杯の取引をするのは避けるべきです。そうしないと、直ぐに追証が発生するからです。